音楽家・ヴィブラホーン奏者の松本浩最新情報
THCD-0272.jpg■ 知る人ぞ知る幻の名盤「メガロポリス」衝撃の初CD化!!!! ■
  全国販売店にて絶賛発売中!
   ♪松本浩メガロポリス視聴はコチラ  ♪ご購入の方はコチラ!
□メンバー□
松本浩(vib) , 市川秀男(p ,cembalo) , 稲葉国光(b) , 日野元彦(ds)

--------------------------------------------------------------------
■みらいネット高島平■
  松本浩も参加しています!みらいネット高島平はコチラ
--------------------------------------------------------------------
■VoiceProjectY■
  ボーカルスクールVoiceProjectYさんに応援メッセージを提供しました!
  横浜のボーカルスクールVoiceProjectYさんはコチラ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私がプレイヤーとして有名になったのは
戦後、駐留アメリカ軍への慰問演奏からでした。

浜口庫之助さんが当時演奏していたチームがありまして、
そのチームのオーディションに受かったのです。

それまでハワイアンから始まった私でしたが、
浜口庫之助さんが「お前のリズムはいい!」といってくださって
浜口庫之助さんのチームはいることになりました。

アメリカ軍は戦争中も音楽を運んでくるほどの音楽好き。。
さらにアメリカ軍は合理主義で、
プレイヤーチームにもランク付けをしていました。

私の所属するチームは「スペシャルB」というランク付け、
当時、上から二番目でした。

ヒラオカセイジの所属するチームが「スペシャルA」

当時、悔しいなぁーと思っていたら、
浜口さんが「松本、お前のヴァイブ(ヴィブラホーン)」もなかなかだ。
なっていってくれて、がんばってやろうーと思っていました。

当時一回の演奏代は私で3万円ほど。
当時の価格で100万円ほどじゃないかなー

当時はプレイヤーが需要に対して不足で、
街でいつもプレイヤーを募集していました。
街でアメリカ兵が「ギターはいないか?」
なんていいながら、集めるわけです。
中には「弾けなくてもてもいいたってるだけでいい」
なんていうのもあって笑


私はそんな中、そういった募集で集まる人とは違う形で、
プレイしていました。
佐官クラス以上が集まるの特別な場所で、演奏していました。

ある日、私の年から「成人式」が始まりました。

当時は成人式なんてものはなく、
とある演奏会のときに、成人式で演奏会に遅れたことがありました。
そのときは、浜口さんにこっぴどく叱られましたね。

こんな形で浜口さんには長い間大変お世話になりました。
いやー懐かしい思い出ですね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。